GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

穀雨(こくう)

「春雨降りて百般を生化す依って穀雨と云う」 二十四節気を表す言葉には、「雨水」や「寒露」のように、その季節ならではの自然現象を表現したものがありますが、穀雨もそのひとつ。穀雨は“百穀を潤す春雨”。種をまいた大地に雨が降る […]

続きを読む

清明(せいめい)

「草木の芽発生して何の木何の草と明らかに…」 天明7(1787)年に出版された「こよみ便覧」は、当時の暦の解説書です。ここに二十四節気のひとつ「清明」の解説として「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれ […]

続きを読む

春分(しゅんぶん)

「昼夜相当分する春分を持って暦元となし…」 春っていつから始まるかご存知ですか? 天文学上では春は「春分」から。冬のコートを重く感じるようになるのは、春分が近くなるころでしょうか。春分から春が始まるというのも […]

続きを読む

春を感じに

春の訪れを寿ぐ日本の風習と言えば、お花見。春になると様々な花々が私たちの目を楽しまさせてくれます。その中でも、桜は日本人にとって特別な存在。毎年開花予想が行われ、開花すればニュースとして大きく報じられます。   […]

続きを読む

啓蟄(けいちつ)

「艶陽の気に誘はれて 諸虫地上に出ずるなり」 二十四節気の中でも、ちょっと心がワクワクしてくるのがこの言葉ではないでしょうか。2018年3月6日は啓蟄です。   啓は「ひらく」、蟄は「虫などが土の中に隠れている […]

続きを読む

「厄祓い」がルーツの雛祭。「桃」にも深い関わりが

雛祭りが行われる3月3日は、五節句のひとつ「上巳(じょうし)」です。「上旬」の「巳の日」という意味で、魏の時代から3月3日を「上巳」としていたそうです。古代中国では、この日、川に入って身を清める風習がありました。 &nb […]

続きを読む
1 2 3 6
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 鬼の出入りする場所

    古い資料によると、創建当時の晴明神社は、東は堀川通、西は黒門通、北は元誓願寺通、南は中立売通という広大なものであったとされています。これは晴明公がお住みになられていた場所で、当時の御所(内裏)の鬼門に当たる場所です。 & […]

  • 春分(しゅんぶん)

    「昼夜相当分する春分を持って暦元となし…」 春っていつから始まるかご存知ですか? 天文学上では春は「春分」から。冬のコートを重く感じるようになるのは、春分が近くなるころでしょうか。春分から春が始まるというのも […]

  • 春を感じに

    春の訪れを寿ぐ日本の風習と言えば、お花見。春になると様々な花々が私たちの目を楽しまさせてくれます。その中でも、桜は日本人にとって特別な存在。毎年開花予想が行われ、開花すればニュースとして大きく報じられます。   […]