GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

厄払いの思いが込められた端午の節句

5月5日といえば子どもの健やかな成長を願う「こどもの日」ですが、「端午(たんご)の節句」という呼び方もあります。この「端午」という言葉には、どんな意味があるのでしょう?

 

「午(ご・うま)」は中国で生まれた十二支に登場する言葉のひとつ。もともとは12ヶ月の順序を表し、次第に年や日、時刻なども表すようになりました。

 

「端」には「最初」という意味があります。それが、12日ごとに繰り返される十二支のその月最初の「午の日」を「端午」と呼ぶようになったとか、「午(ご)」の発音が「五」と同じことから月の初旬の午の日を「端午」と呼ぶようになったともいわれています。やがて、五月五日を端午と指すようになったそうです。

 

◆もともとは女性の節句

端午の節句は、田植えの時期でもあります。日本には、これから田植えをする若い女性(早乙女)が、田の神様を迎えるために小屋に籠って身を清めるという風習があったそうです。この風習がやがて、中国から伝わった端午の節句とひとつになったと考えられています。

 

◆邪気を祓う菖蒲

端午の節句には、菖蒲湯に入ったり枕の下に菖蒲を敷いて寝る習慣があります。菖蒲を薬草として用いたり、菖蒲酒を飲むこともあります。京都の商家などでは、菖蒲と蓬を束にして軒に吊るす軒菖蒲という風習も見られます。いずれも、菖蒲の力で邪気を祓おうというもの。これに由来して、端午の節句は「菖蒲の節句」ともいわれています。

 

また武家社会になると武道などを重んじる「尚武」という言葉にかけて、同じ読み方の菖蒲の節句を「尚武の節句」として男子の成長を祈り、たくましい武者人形などが飾られるようになったといわれています。

 

◆ちまきと柏餅

端午の節句に食べるものといえば、ちまきや柏餅。ちまきは関西、柏餅は関東で一般的といわれます。

もち米などから作る餅を笹の葉などで巻いたちまきは、中国から伝わったもの。そこには、中国戦国時代の政治家であり詩人の屈原(くつげん)の悲話が関係しているようです。優れた政治家だった屈原ですが陰謀により失脚。失意の末に5月5日に彼は川に身を投げたのです。これを嘆いた人々は供物を川に投げ入れますが、龍がこれを奪ってしまうのです。そこで供物のもち米を龍が苦手な葉で包み、邪気を払う五色の糸で巻くようになったのがちまきの始まりだとか。

 

また、柏の葉でもちを包んだ柏餅は江戸時代に誕生したものといわれています。柏の葉は、祭事で器に使われるなど、古くから神聖なものとして扱われてきました。枯れても新芽が出るまで落ちないことから子孫繁栄に結びつく縁起物でもあり、柏餅に使われるようになったそうです。

 

中国では月と日が同じ数字となる日を祝日とし、厄払いの行事が行われたといいます。節目節目に儀式を行うことで、天災や疫病などが無いことを願ったのでしょう。そんな背景を知れば、子どもの日や雛まつりの過ごし方もより充実したものになりそうですね。

公開日:平成30年5月1日

「魔除け」「厄除け」の神社・晴明神社では、ご家族同様、ペットも毎日健康で過ごせるようにとの願いを持った皆さまの気持ちにお応えするべく、「ペットの健康祈願」を、通信制にて受け付けています。

ペットのご祈願について
WHAT’S NEW