GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

夏越の祓と涼を感じる和菓子

6月の和菓子と言えば、京都では水無月。和菓子店やスーパーに並ぶほか、学校や保育園の給食やおやつにも登場するほど。もっちりした外郎生地の上に、邪気を祓うといわれる小豆がのったもので、630日の夏越の祓に合わせて、無病息災を願いながら食べる風習があります。

各地の神社では、夏越の祓(茅の輪くぐり)が行われます。かつて、宮中では6月と12月の年二回、「大祓」という神事が行われ、人々の罪や穢れを祓いました。このうち6月に行なわれたのが夏越の祓で、大宝律令では、12月の年越の祓えとともに正式な宮中行事となっていたようです。

本格的な夏を前に行なわれる夏越の祓。一年の折り返し地点であるこのタイミングで一度立ち止まり、心や体のバランスが崩れていないかを見つめ直すのも良いかもしれませんね。

 

さて、水無月の三角形は氷をイメージしたものですが、これには理由があるようです。昔は、旧暦6月1日に宮中で「氷の節会」が行われました。冬の池に張った天然の氷を山中に設けた天然の貯蔵庫・氷室で夏まで保管し、宮中に献上する行事です。平安京には6カ所の氷室が作られたそうで、今もその跡が残っているところがあります。この氷を口にすれば夏痩せしないといわれ、臣下にも振る舞われたのだとか。

 

といっても、夏の氷はとても贅沢。庶民が口にすることなんてできません。そこで氷を模してせめて涼感だけでも…と生み出されたのが水無月ともいわれます。この時期は、水無月のほかにも寒天や葛などを使った和菓子が店頭に並びます。じめじめと蒸し暑い日は、そんな和菓子で涼を感じてみませんか?

 

 

公開日:平成30年6月25日

「魔除け」「厄除け」の神社・晴明神社では、ご家族同様、ペットも毎日健康で過ごせるようにとの願いを持った皆さまの気持ちにお応えするべく、「ペットの健康祈願」を、通信制にて受け付けています。

ペットのご祈願について
WHAT’S NEW