GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

秋の草花観賞

人日の節句(1月7日)の朝に食べる「春の七草」は有名ですが、秋にも七草があることをご存知でしょうか。

万葉集に載せられた、山上憶良の歌「秋野尓 咲有花乎 指折 可伎數者 七種花」「芽之花 乎花葛花 瞿麦之花 姫部志 又藤袴 朝皃之花」より、「秋の野に咲いている花を指を折りながら数えたところ七種類あり」、「萩の花、尾花、葛の花、撫子の花、女郎花(オミナエシ)、藤袴、朝顔の花」が、秋の七草に選ばれました。

朝顔の花については諸説ありますが、桔梗の花のこととされています。

萩の花は万葉集では「波疑」「波義」「芽子」「芽」のいずれかで表記されていました。「萩」が使用されるようになったのは平安時代からとか。万葉集で最も多く詠まれた植物です。草冠に秋と書くようになったのは、秋を代表している草だからでしょうか。

尾花は、ススキノ別名です。ススキの穂が動物の尾っぽに似ていることからこのように表記されているそうです。こちらも秋を代表する草ですね。

秋の七草は見て楽しむものですが、最近は目にする機会も少なくなっていると思います。

この7種類だけでなく、秋にも数多くの植物が花を咲かせます。普段はあまり視線を向けないところを見てみるのも良いかもしれません。寒い冬が来る前に力一杯咲く草花たちは、きっとみなさんの目を楽しませてくれることでしょう。

公開日:平成30年9月10日

「魔除け」「厄除け」の神社・晴明神社では、ご家族同様、ペットも毎日健康で過ごせるようにとの願いを持った皆さまの気持ちにお応えするべく、「ペットの健康祈願」を、通信制にて受け付けています。

ペットのご祈願について
WHAT’S NEW