GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

冬至(とうじ)

「昼間最も短き日にして暦元と云って造暦の根拠となす」


一年でもっとも昼の時間が短いのが冬至で、2017年は12月22日です。昼の時間が短くなる理由は、日の出から日の入りまで、太陽が通り過ぎる時の高さが一年でもっとも低くなるから。この日をさかいに、太陽の高さは少しずつ高くなり、夏至に向かって昼の時間がどんどん長くなっていきます。

日が短くなり「陰」が極まる冬至を過ぎると、ここから一転「陽」の気に転じることから、冬至は一年でも特に大切な日と考えられていました。中国では冬至を暦の起点と考え、この日を祝ったといいます。

冬至に香りのよい柚子を浮かべた柚子湯に入る風習は、江戸時代にはじまったそうです。「柚子湯に入ると風邪をひかない」といわれますが、柚子の強い香りが邪気を払うと考えられていたのでしょう。

この時期、京都など西日本に広く伝わるのが「冬至の七種(ななくさ)」という食の習慣です。かぼちゃ(南瓜)、れんこん、にんじん、ぎんなん、きんかん、かんてん、うどん(うんどん)と、「ん」が2つ重なるものばかり。これを食べれば「運」が倍になるという縁起ものであり、必要な栄養素を含んだ食べ物をバランスよく採ることで、寒い冬を健康に過ごせるようにという意味あいもあるのでしょう。

 

この日を過ぎると、いよいよ年の暮れです。大掃除やおせち料理、注連飾りの準備など、効率的に年末年始の準備を進めていきましょう。正月準備のひとつといえば注連飾りです。玄関などに飾られる注連飾りには、歳神様を迎えるにあたって、外から邪気などが入ってこないようにする「結界」のような役割があります。

飾りはじめる時期は地域によってもさまざまですが、いずれにしても注連縄を飾れば、新年はもうすぐ。清々しい気持ちで、来る年を迎えたいものです。

正月用注連飾り

公開日:平成29年12月15日

「魔除け」「厄除け」の神社・晴明神社では、ご家族同様、ペットも毎日健康で過ごせるようにとの願いを持った皆さまの気持ちにお応えするべく、「ペットの健康祈願」を、通信制にて受け付けています。

ペットのご祈願について
WHAT’S NEW