GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

「厄祓い」がルーツの雛祭。「桃」にも深い関わりが

雛祭りが行われる3月3日は、五節句のひとつ「上巳(じょうし)」です。「上旬」の「巳の日」という意味で、魏の時代から3月3日を「上巳」としていたそうです。古代中国では、この日、川に入って身を清める風習がありました。

 

この風習は日本にも伝わり、貴族の間で「曲水の宴」として厄払いが定着します。また、草木や紙で作った人形(ひとがた)で体を撫でて自分の厄災をうつし、川や海に流していたものがやがて雛人形となり、江戸時代に庶民の間で雛祭として広まりました。

 

この雛祭の時期にだけ並ぶ、京都ならではの和菓子が「引千切(ひちぎり)」。尻尾がついたような独特の形と名前は、宮中でこのお菓子を作っていた時に、人手が足りず餅を丸めずに引きちぎって窪みを作り、あんこをのせて作ったことに由来するそう。

 

ひちぎりに見られる赤、白、緑の3色は菱餅と同じ色です。一説によれば、菱餅の色には効能があり、緑のヨモギは増血剤、白の菱は血圧低下剤、赤のクチナシは解毒剤といいます。

 

さらにひちぎりの赤い餅は「桃の花」を表しているという説もあります。桃といえば、古くから魔除け、厄除けの果物として知られています。そういえば、雛祭は「桃の節句」ともいいます。これは桃の不思議なパワーに由来したもの。中国に伝わる、“桃花水(桃の花が流れる川の水)を飲むと長命を得られる”という故事が日本にも伝わり、「曲水の宴」では桃の花を浸した酒・桃花酒を飲んだそう。雛祭には、厄除けとして桃が大きな役割を果たしていることがわかります。

 

晴明神社の境内にも「厄除桃」があります。

桃の節句には、厄除けとしてこの桃にそっと触れてみるのもいいかもしれません。

 

公開日:平成30年2月25日

「魔除け」「厄除け」の神社・晴明神社では、ご家族同様、ペットも毎日健康で過ごせるようにとの願いを持った皆さまの気持ちにお応えするべく、「ペットの健康祈願」を、通信制にて受け付けています。

ペットのご祈願について