GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

大寒(だいかん)

「地上の陰気地中の陽気に追われて寒気甚だし故大寒という」 冬の季節の最後の節気が「大寒」です。2018年は1月20日。ニュースなどで「暦の上では○○ですが…」といわれることがあるように、二十四節気の中には実際の季節感とか […]

続きを読む

節分星祭

陰陽道において節分とは「陰」から「陽」へ「気」が変わる一年の大きな節目。晴明神社では、毎年節分の日に、一年を通じて身についた穢れを祓う大切な祭事が行われます。 2月3日(土)20時からの「節分星祭」では、神官が弓を構え、 […]

続きを読む

小正月の1月15日には小豆粥で邪気祓い

1月15日は小正月です。元旦から7日までを「大正月」というのに対して、15日は小正月と呼ばれています。月の満ち欠けを基準とした旧暦では、月が見えない朔日が月のはじまり。特に一年の最初の朔日が正月(大正月)で、次の満月の日 […]

続きを読む

小寒(しょうかん)と人日の節句

一年で最も寒いといわれるのが「寒(かん)」です。その始まりで「寒の入り」といわれるのが、二十四節気のひとつ「小寒」で、2018年は1月5日です。この日から節分までの期間が「寒」となります。寒中見舞いを送るのもこの時期です […]

続きを読む

冬至(とうじ)

「昼間最も短き日にして暦元と云って造暦の根拠となす」 一年でもっとも昼の時間が短いのが冬至で、2017年は12月22日です。昼の時間が短くなる理由は、日の出から日の入りまで、太陽が通り過ぎる時の高さが一年でもっとも低くな […]

続きを読む

大雪(たいせつ)

「寒気愈々募りて雪いよいよ降る」 二十四節気のひとつ、大雪。2017年は12月7日です。山並みが雪に覆われて、冬の寒さもいよいよ本番。京都では、師走の風物詩の「吉例顔見世興行」がロームシアター京都で始まっています。関西で […]

続きを読む
1 2 3 4
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 厄年・厄除け

    平安時代の貴族の間では、毎年行われていたという厄祓い。現在では人生の節目(何かとつまづきやすい年頃である厄年)に無病息災を願うものとされています。 厄年とされる年齢は地域や宗派などによって異なりますが、晴明神社では、厄年 […]

  • 国宝の「暦」に記された、晩年の安倍晴明公

    寛弘2(1005)年、85歳で亡くなった安倍晴明公。平均寿命が30歳ぐらいだったという平安時代にあって、驚くべき長寿です。当時では考えられない寿命の長さに、周囲の人々からは畏敬の念を抱かれていたかもしれませんね。 &nb […]

  • 陰と陽が繰り返されて四季になる

    晴明神社の暦を見ると、立春には「陽気地中に萠し東風氷を解く」、寒露には「陰気日に増し寒露降る」と記されています。そこに記されているのは「陰」と「陽」の言葉。冬を陰、夏を陽として、季節を表していることがわかります。 &nb […]