GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

夏越の祓と涼を感じる和菓子

6月の和菓子と言えば、京都では水無月。和菓子店やスーパーに並ぶほか、学校や保育園の給食やおやつにも登場するほど。もっちりした外郎生地の上に、邪気を祓うといわれる小豆がのったもので、6月30日の夏越の祓に合わせて、無病息災 […]

続きを読む

夏至(げし)

「純陽極まって一陽地下に生ず」   6月21日は二十四節気のひとつ、夏至です。この日北半球では、一年で昼が最も長くなり、夜が最も短くなります。梅雨が本格的になるこのシーズン、かつては田植えの作業がピークを迎える […]

続きを読む

雨の季節。梅雨のしくみ

6月に入って各地で梅雨入りが宣言され、本格的な雨の季節に入りました。   梅雨は、性質の異なる真夏の空気と初夏の空気のぶつかり合いによって発生した前線が、日本付近に停滞することで雨やくもりの日が続く現象です。真 […]

続きを読む

芒種(ぼうしゅ)

「ノギある穀類皆稼種する時節なり」   2018年6月6日は二十四節気のひとつ、芒種です。   近畿地方の平年の梅雨入り時期は6月7日頃、まさに芒種は梅雨入りのころで、昔は田植えを始める目安にもなりま […]

続きを読む

小満(しょうまん)

「純陽気満ちて万物充満し始める」   ゴールデンウィークが明け、各地で気温が25度を超える夏日が続いています。暖かい気候が続くと、植物は成長し、秋に植えた麦に穂が付きます。田植えの準備も始まります。二十四節気で […]

続きを読む

意外と浴びている!?紫外線、どんな時に注意が必要?

初夏の日差しが降り注ぎ「紫外線」が気になる季節となりました。紫外線は、人体にとって良い影響だけでなく悪い影響を与えることがあります。太陽が高く昇るほど紫外線は強くなり、初夏から真夏が特に強くなるようです。しかし、紫外線は […]

続きを読む
1 2 3 4 5 9
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 中秋に月をめでる

    かつて照明などない頃、月光はとても重要で神秘的な存在だったと想像できます。その月が特に美しく見える頃、旧暦の8月15日(中秋)には、お月見が各地で行われます。 宮中行事として、歌を詠んだり楽器を奏でて月を愛でる時代もあり […]

  • 秋の草花観賞

    人日の節句(1月7日)の朝に食べる「春の七草」は有名ですが、秋にも七草があることをご存知でしょうか。 万葉集に載せられた、山上憶良の歌「秋野尓 咲有花乎 指折 可伎數者 七種花」「芽之花 乎花葛花 瞿麦之花 姫部志 又藤 […]

  • 重陽(ちょうよう)の節句を楽しむ

    9月9日は重陽、五節句のひとつです。陰陽道では奇数のことを陽数、偶数を陰数と言います。 一番大きな陽の数字「9」が重なるこの日は、中国では長命を祈る日でした。菊は長寿の効果があるとされ、その思想を受け継ぎ平安時代の宮中で […]