GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

立夏(りっか)と八十八夜

「天地盛陽の気となり夏の気立つなり」 2018年は5月5日が立夏。暦の上ではこの日から夏が始まります。新緑が鮮やかさを増して、おでかけにももってこいのシーズン。風も日差しも心地よい、梅雨入り前の爽やかな季節です。 &nb […]

続きを読む

虹色の帯に出逢える条件

水平の虹「環水平アーク」が出る重要条件は、大きく分けて2つあります。 1. 太陽の高さ 環水平アークは、太陽が地平線から58°以上の角度に昇ると出現します。そして、太陽の高さが68°程の時に最も虹色が濃くなります。この太 […]

続きを読む

晴天の日に現れる水平の虹

みなさんは、晴れた日に現れる虹「環水平アーク」をご存知でしょうか。 一般的な虹は、雨が降っている時に太陽の光が差すと、太陽の反対側に大きな弧を描いて美しい姿が現れます。一方で、「環水平アーク」は、太陽の下の薄雲の一部が虹 […]

続きを読む

穀雨(こくう)

「春雨降りて百般を生化す依って穀雨と云う」 二十四節気を表す言葉には、「雨水」や「寒露」のように、その季節ならではの自然現象を表現したものがありますが、穀雨もそのひとつ。穀雨は“百穀を潤す春雨”。種をまいた大地に雨が降る […]

続きを読む

清明(せいめい)

「草木の芽発生して何の木何の草と明らかに…」 天明7(1787)年に出版された「こよみ便覧」は、当時の暦の解説書です。ここに二十四節気のひとつ「清明」の解説として「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれ […]

続きを読む

春分(しゅんぶん)

「昼夜相当分する春分を持って暦元となし…」 春っていつから始まるかご存知ですか? 天文学上では春は「春分」から。冬のコートを重く感じるようになるのは、春分が近くなるころでしょうか。春分から春が始まるというのも […]

続きを読む
1 2 3 4 7
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 雨の季節。梅雨のしくみ

    6月に入って各地で梅雨入りが宣言され、本格的な雨の季節に入りました。   梅雨は、性質の異なる真夏の空気と初夏の空気のぶつかり合いによって発生した前線が、日本付近に停滞することで雨やくもりの日が続く現象です。真 […]

  • 「子午線」も「正午」も十二支から

    毎年6月10日は「時の記念日」です。   『日本書紀』には天智天皇10(671)年4月25日に天智天皇が漏刻(水時計)を建造して、時を知らせたとあります。その日が太陽暦の6月10日にあたることから、1920年に […]

  • 桃のお話

    古来中国また陰陽道では、桃は魔除け・厄除けの果物といわれます。 日本においても『古事記』や『日本書紀』にて魔物を追い払う様子が描かれています。 また、不老長寿、結婚・出産の象徴としても桃を題材とした話は数多くあり、桃の節 […]