GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

寒露(かんろ)

「陰気日に増長し寒露降る」 10月8日は二十四節気のひとつ、寒露です。寒露には、野草に露が宿る頃という意味があり、その文字を見るだけで、秋の冷たい空気が感じられるようです。   晴明神社の暦で10月8日を見ると […]

続きを読む

中秋の名月

旧暦8月15日、今年は10月4日が十五夜、中秋の名月です。   中国で行われていたお月見が日本に伝わると、平安貴族がその風雅な習慣を楽しむようになり、やがて一般の人々にまで広く伝わりました。また、農業にたずさわ […]

続きを読む

「朔、弦、望」は月の名前

暦には月の満ち欠けが書かれているものがあります。よく見ると、そのそばに朔日、上弦、望、下弦などと書かれているかもしれません。

続きを読む

秋分(しゅうぶん)

「秋分に合わせて二分という昼夜相等分する日なり」 「お休みだし、何をしよう?」と、ちょっとわくわくするのが祝日。この祝日は、「国民の祝日に関する法律」によって日にちなどが定められていることをご存じでしょうか。 秋分の日も […]

続きを読む

十干十二支をひと巡りする「還暦」

平成29年の暦を見ると、1月1日から順に「つちのえ ね」「つちのと うし」「かのえ とら」「かのと う」など…

続きを読む

白露(はくろ)

9月7日は白露。夏の名残を感じる二十四節気「処暑」から一転、どこかひんやりとした気配が感じられる言葉です。

続きを読む
1 5 6 7 8 9
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 京に晩夏を告げる行事

    京都では8月16日に五山の送り火が行われます。送り火とは、お盆に迎えた先祖の霊を送り出す行事。夜8時、東山の「大文字」にはじまり、「妙法」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」と順番に点火されます。 東山の大文字を例にあげ […]

  • 京の七夕

    京都市が運営している夏のイベント、「京の七夕」。今年も旧暦の七夕にあたる8月に「祈り」や「願い」をテーマに様々な七夕事業を堀川・鴨川・梅小路・岡崎・北野紙屋川の5エリアで開催されます。 堀川エリアの開催にあわせ、晴明神社 […]

  • 八朔には、お世話になった人に挨拶を

    毎年8月1日、京都の花街で行われる行事に「八朔」があります。これは舞妓さん、芸妓さんが、日頃からお世話になっているお茶屋さんや踊りのお師匠さんの元などを訪ねて、挨拶をするというもの。五花街のひとつ祇園甲部では、暑い中、黒 […]