GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

星に願いを

京都・晴明神社と企画会社などで構成される「星に願いを実行委員会」が七夕の願い事をTwitterユーザーから投稿を集め掲載するサイト「星に願いを」を公開されました。 特設サイトでは、ツイート(投稿)された願い事が、宇宙空間 […]

続きを読む

夏越の祓と涼を感じる和菓子

6月の和菓子と言えば、京都では水無月。和菓子店やスーパーに並ぶほか、学校や保育園の給食やおやつにも登場するほど。もっちりした外郎生地の上に、邪気を祓うといわれる小豆がのったもので、6月30日の夏越の祓に合わせて、無病息災 […]

続きを読む

夏至(げし)

「純陽極まって一陽地下に生ず」   6月21日は二十四節気のひとつ、夏至です。この日北半球では、一年で昼が最も長くなり、夜が最も短くなります。梅雨が本格的になるこのシーズン、かつては田植えの作業がピークを迎える […]

続きを読む

雨の季節。梅雨のしくみ

6月に入って各地で梅雨入りが宣言され、本格的な雨の季節に入りました。   梅雨は、性質の異なる真夏の空気と初夏の空気のぶつかり合いによって発生した前線が、日本付近に停滞することで雨やくもりの日が続く現象です。真 […]

続きを読む

芒種(ぼうしゅ)

「ノギある穀類皆稼種する時節なり」   2018年6月6日は二十四節気のひとつ、芒種です。   近畿地方の平年の梅雨入り時期は6月7日頃、まさに芒種は梅雨入りのころで、昔は田植えを始める目安にもなりま […]

続きを読む

小満(しょうまん)

「純陽気満ちて万物充満し始める」   ゴールデンウィークが明け、各地で気温が25度を超える夏日が続いています。暖かい気候が続くと、植物は成長し、秋に植えた麦に穂が付きます。田植えの準備も始まります。二十四節気で […]

続きを読む
1 2 3 4 9
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 京に晩夏を告げる行事

    京都では8月16日に五山の送り火が行われます。送り火とは、お盆に迎えた先祖の霊を送り出す行事。夜8時、東山の「大文字」にはじまり、「妙法」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」と順番に点火されます。 東山の大文字を例にあげ […]

  • 京の七夕

    京都市が運営している夏のイベント、「京の七夕」。今年も旧暦の七夕にあたる8月に「祈り」や「願い」をテーマに様々な七夕事業を堀川・鴨川・梅小路・岡崎・北野紙屋川の5エリアで開催されます。 堀川エリアの開催にあわせ、晴明神社 […]

  • 八朔には、お世話になった人に挨拶を

    毎年8月1日、京都の花街で行われる行事に「八朔」があります。これは舞妓さん、芸妓さんが、日頃からお世話になっているお茶屋さんや踊りのお師匠さんの元などを訪ねて、挨拶をするというもの。五花街のひとつ祇園甲部では、暑い中、黒 […]