GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

季節にまつわる五行

夏にうなぎを食べる日…といえば「土用の丑」ですが、この土用という言葉は陰陽五行説から生まれたものです。

 

五行では、この世に存在するあらゆるものを「木・火・土・金・水」にあてはめます。方角は東西南北の4つですが、「木=東、火=南、金=西、水=北」とし、土は4つの方角の中央に配します。

 

この方位と同じように、春夏秋冬の4つからなる「四季」も、五行では「木=春、火=夏、金=秋、水=冬」と配しました。では「土」はどこに配するのでしょう。注目したいのが季節の変わり目です。

 

ちなみに陰陽では、季節を冬=陰、夏=陽としますが、夏と冬の2つの季節をきっちり区分しているわけではありません。太極図の形が表現しているように、冬(陰)と夏(陽)は、そのどちらかが盛んになりやがて衰退、今度はもう一方が盛んになることを繰り返しています。

 

これと同じように、四季も、1つの季節が徐々に盛んになり、やがて衰退して次の季節となります。五行ではこの季節が移り変わる時期に「土」を配し「土用」としました。よく知られているのは夏ですが、土用は春夏秋冬それぞれの最後の頃、つまり立春、立夏、立秋、立冬の前に18~19日間配されています。

 

この期間は、土を司る土公神が支配する期間なので、土を犯してはいけない(土を掘ったり動かしたりしてはいけない)ともいわれます。でも土用は1年間に70数日あるので、仕事などに支障が出ることもあります。

 

そこで土用には土公神が天上に行く「間日(まび)」が設けられ、この期間は土を動かしても差し支えないとしました。ちなみに、季節ごとに特定の十二支にあたる日が土用の間日になるそうです。春は巳・午・酉、夏は卯・辰・申、秋は未・酉・亥、冬は寅・卯・巳の日。それぞれの土曜に3〜6日あります。

 

季節の変わり目は、なんとなく体調がすぐれないことがあるものです。その時期に配されている土用は、寒暖差などの天候の変化に少しずつ体を慣らして体調を整えたい、新しい季節を迎えるための準備期間なのかもしれませんね。

 

早速暦を開いて、土用の入りや土用明けを調べてみてはいかがでしょうか。

公開日:平成30年7月9日

「魔除け」「厄除け」の神社・晴明神社では、ご家族同様、ペットも毎日健康で過ごせるようにとの願いを持った皆さまの気持ちにお応えするべく、「ペットの健康祈願」を、通信制にて受け付けています。

ペットのご祈願について
WHAT’S NEW