GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

重陽(ちょうよう)の節句を楽しむ

9月9日は重陽、五節句のひとつです。陰陽道では奇数のことを陽数、偶数を陰数と言います。

一番大きな陽の数字「9」が重なるこの日は、中国では長命を祈る日でした。菊は長寿の効果があるとされ、その思想を受け継ぎ平安時代の宮中では菊酒を飲みながら、詩歌を楽しんだそうです。また、9月8日に菊の花に綿を被せ、菊花に降りた朝露と香りを含んだ綿で体を拭って厄を払う「菊の着綿(きせわた)」が行われていました。これは、菊の香りが邪気を払うと信じられていたためです。

そのため、この日は菊の節句とも呼ばれています。源氏物語や枕草子などの古典文学には着せ綿の行事が記されています。

万人が菊の香りを楽しめるようになったのは、江戸時代に入ってからのこと。この頃には研究が進み食用菊も出回るようになりました。食用菊はほのかな香りですが、苦味が少なく栄養も豊富です。

9月に菊が咲かないためか、現在ではあまり馴染みのない節句となっていますが、無病息災、不老長寿を願う「菊の着綿」の風習は京都を中心に関西地方で受け継がれています。

この日には、神社や寺院などで特別な行事を行われているところもあります。また、重陽の節句にちなんだ和菓子も販売されます。この時期ならではの風習に思いを馳せるのも良いかもしれません。

 

公開日:平成30年9月3日

「魔除け」「厄除け」の神社・晴明神社では、ご家族同様、ペットも毎日健康で過ごせるようにとの願いを持った皆さまの気持ちにお応えするべく、「ペットの健康祈願」を、通信制にて受け付けています。

ペットのご祈願について
WHAT’S NEW