GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

「厄年」は自分自身を見つめ直す好機

社寺を参詣すると、「厄年」「厄払い」の文字が目に入ります。平安時代に成立した長編物語『うつほ物語』の中では「左の大殿の厄年におはするとて…」と書かれているほか、『源氏物語』では藤壺の宮が37歳の厄年で亡くなったことが書かれています。1000年以上前の人々の暮らしのなかでも、厄年が意識されていたことがわかります。

 

そもそも厄年とは、どんな年なのでしょう?「厄」には災難や災厄などの意味があり、厄年には災いが起きやすいと考えられています。男女それぞれに厄年があり、その前後の年を前厄・後厄といいます。特に男性の42歳、女性の33歳という大厄が知られています。

昔は、この年齢を迎える頃には男性は家を子どもに譲り自分はリタイア、女性も出産や子育てが一段落。生活環境や社会的な立場が変わり、心身にも変化が見られる時期でした。

 

現役世代の男性42歳、女性33歳の生活様式は、昔とはガラッと変化しているはず。それでも厄年という言葉が今も残り、厄払い、厄落としという風習が続いているのも、なにかをきっかけに災いを払い、気持ちを新たにしたいという意識が根付いているからでしょう。

 

厄年の人は、厄払いとして社寺をお参りするほか、出席者に厄を持ち帰ってもらう「厄祝い」を開いたり、周りの人に餅やぜんざいをふるまうなど、さまざまな習慣があります。昔は厄年を「役年」ともいい、厄年の人が神事に参加し、様々な「役割」を担うという節目の年でもあったそうです。

 

そんな厄年のルーツは陰陽道にあるとか。これまで長く伝わってきたのは、そこに人々が感じてきた確かなものがあったからこそ。厄年をむかえる人は、自分の暮らしや健康を見つめ直す絶好の機会ととらえてみてはいかがでしょう。

 

平成30年 厄年早見表

公開日:平成30年1月21日

「魔除け」「厄除け」の神社・晴明神社では、ご家族同様、ペットも毎日健康で過ごせるようにとの願いを持った皆さまの気持ちにお応えするべく、「ペットの健康祈願」を、通信制にて受け付けています。

ペットのご祈願について