GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

一年の節目となる「節分」

節分と聞くと、「豆まき」を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は節分には“季節を分ける”という意味があり、二十四節気の立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日が「節分」なのです。そのなかでも立春は春のはじまりであり、また旧暦(太陰太陽暦)で1ヶ月を定める区切りとして、“節気から次の節気の前日まで”とした「節切り」では立春が新年最初の日となります。つまり立春の前日となる節分は大晦日。平安時代の宮中ではこの大切な日に、一年の厄を祓う行事などが行われていました。

 

京都の社寺でも「鬼やらい神事」、「追儺式」といわれる鬼を祓う行事が営まれます。元々は中国から伝わったもので、一年間の厄災を祓う行事として大晦日の夜に魔除けの力があると考えられていた豆をまいたそうです。

 

鬼の頭に角が生え、寅のパンツをはいているのは、立春を挟んで月の十二支が丑(旧暦12月)から寅(旧暦1月)となる、つまり冬が終わり春になることを象徴しているともいわれます。陰陽道では、鬼が出入りする方角(鬼門)を北東(丑寅)の方角としており、鬼の姿はその丑と寅に由来するという説もあるようです。

 

晴明神社では、季節が「陰」から「陽」へと気が変わる節分に、穢れを祓う祭事、節分星祭を執り行います。神官の「いんよー(陰陽)」という掛け声とともに矢を放つ四方の追儺で、悪魔・疫癘を追い払います。

 

節分から立春は、季節が変わるだけでなく、新たな年へと移る特別な時間。そう考えると、豆まきなどの行事も、神聖な行事に思えてきそうです。

 

晴明神社 節分星祭

公開日:平成30年1月25日

「魔除け」「厄除け」の神社・晴明神社では、ご家族同様、ペットも毎日健康で過ごせるようにとの願いを持った皆さまの気持ちにお応えするべく、「ペットの健康祈願」を、通信制にて受け付けています。

ペットのご祈願について