GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

春を感じに

春の訪れを寿ぐ日本の風習と言えば、お花見。春になると様々な花々が私たちの目を楽しまさせてくれます。その中でも、桜は日本人にとって特別な存在。毎年開花予想が行われ、開花すればニュースとして大きく報じられます。   […]

続きを読む

啓蟄(けいちつ)

「艶陽の気に誘はれて 諸虫地上に出ずるなり」 二十四節気の中でも、ちょっと心がワクワクしてくるのがこの言葉ではないでしょうか。2018年3月6日は啓蟄です。   啓は「ひらく」、蟄は「虫などが土の中に隠れている […]

続きを読む

「厄祓い」がルーツの雛祭。「桃」にも深い関わりが

雛祭りが行われる3月3日は、五節句のひとつ「上巳(じょうし)」です。「上旬」の「巳の日」という意味で、魏の時代から3月3日を「上巳」としていたそうです。古代中国では、この日、川に入って身を清める風習がありました。 &nb […]

続きを読む

雨水(うすい)

「陽気地上に昇り雪氷溶けて雨水となる…」 厳しい寒さが続いたこの冬は、例年以上に春を待ち遠しく感じます。   二十四節気では、2018年2月19日が雨水。立春からおよそ2週間、空から降る雪は雨になり […]

続きを読む

立春(りっしゅん)

「陽気地中に萌し東風氷を解く」 寒が明けて、春の始まりとなるのが立春。2018年は2月4日です。 立春=旧暦1月1日と勘違いしやすいのですが、立春などの二十四節気は太陽の動きを元に決められたもの。また旧暦(太陰太陽暦)は […]

続きを読む

一年の節目となる「節分」

節分と聞くと、「豆まき」を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は節分には“季節を分ける”という意味があり、二十四節気の立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日が「節分」なのです。そのなかでも立春は春のはじまりであり、また旧暦 […]

続きを読む
1 2 3 4 5 7
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 雨の季節。梅雨のしくみ

    6月に入って各地で梅雨入りが宣言され、本格的な雨の季節に入りました。   梅雨は、性質の異なる真夏の空気と初夏の空気のぶつかり合いによって発生した前線が、日本付近に停滞することで雨やくもりの日が続く現象です。真 […]

  • 「子午線」も「正午」も十二支から

    毎年6月10日は「時の記念日」です。   『日本書紀』には天智天皇10(671)年4月25日に天智天皇が漏刻(水時計)を建造して、時を知らせたとあります。その日が太陽暦の6月10日にあたることから、1920年に […]

  • 桃のお話

    古来中国また陰陽道では、桃は魔除け・厄除けの果物といわれます。 日本においても『古事記』や『日本書紀』にて魔物を追い払う様子が描かれています。 また、不老長寿、結婚・出産の象徴としても桃を題材とした話は数多くあり、桃の節 […]