GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

陰陽五行説

小寒(しょうかん)と人日の節句

一年で最も寒いといわれるのが「寒(かん)」です。その始まりで「寒の入り」といわれるのが、二十四節気のひとつ「小寒」で、2018年は1月5日です。この日から節分までの期間が「寒」となります。寒中見舞いを送るのもこの時期です […]

続きを読む

厄年・厄除け

平安時代の貴族の間では、毎年行われていたという厄祓い。現在では人生の節目(何かとつまづきやすい年頃である厄年)に無病息災を願うものとされています。 厄年とされる年齢は地域や宗派などによって異なりますが、晴明神社では、厄年 […]

続きを読む

縁起のよい数字を節目にお祝いする「七五三」

子どもの健やかな成長を願う七五三。11月15日を中心に、神社などをお参りしてそれぞれの年齢の子どもを祝う行事ですが、今のような「七五三」の行事が行われるようになったのは、江戸時代末から明治時代にかけてのことだといわれます […]

続きを読む

立冬(りっとう)

「冬の気立ち初むるなり」 立春、立夏、立秋、そして立冬。この4つを合わせて「四立(しりゅう)」といいます。二十四節気のひとつであり、それぞれが春夏秋冬の始まる最初の日を指す言葉でもあります。   2017年の立 […]

続きを読む

陰と陽が繰り返されて四季になる

晴明神社の暦を見ると、立春には「陽気地中に萠し東風氷を解く」、寒露には「陰気日に増し寒露降る」と記されています。そこに記されているのは「陰」と「陽」の言葉。冬を陰、夏を陽として、季節を表していることがわかります。 &nb […]

続きを読む

特別展「陰陽師 安倍晴明」

特別展「陰陽師 安倍晴明」が9月23日(土・祝)より安城市歴史博物館にて開催されます。 この展覧会では、晴明公の実像に迫るとともに、晴明公以後の安倍家・土御門家の変遷を追い、陰陽道の変化などが紹介されます。 安城にゆかり […]

続きを読む
1 2 3
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 京に晩夏を告げる行事

    京都では8月16日に五山の送り火が行われます。送り火とは、お盆に迎えた先祖の霊を送り出す行事。夜8時、東山の「大文字」にはじまり、「妙法」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」と順番に点火されます。 東山の大文字を例にあげ […]

  • 京の七夕

    京都市が運営している夏のイベント、「京の七夕」。今年も旧暦の七夕にあたる8月に「祈り」や「願い」をテーマに様々な七夕事業を堀川・鴨川・梅小路・岡崎・北野紙屋川の5エリアで開催されます。 堀川エリアの開催にあわせ、晴明神社 […]

  • 八朔には、お世話になった人に挨拶を

    毎年8月1日、京都の花街で行われる行事に「八朔」があります。これは舞妓さん、芸妓さんが、日頃からお世話になっているお茶屋さんや踊りのお師匠さんの元などを訪ねて、挨拶をするというもの。五花街のひとつ祇園甲部では、暑い中、黒 […]