GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

縁起のよい数字を節目にお祝いする「七五三」

子どもの健やかな成長を願う七五三。11月15日を中心に、神社などをお参りしてそれぞれの年齢の子どもを祝う行事ですが、今のような「七五三」の行事が行われるようになったのは、江戸時代末から明治時代にかけてのことだといわれます。

 

昔は「七つ前は神のうち」という言葉がありました。医療が十分に発達していなかったこともあり幼くして無くなる子どもも多く、7歳までは魂の定まっていない“神の子”と考えられていたのです。7歳を迎えることでやっと氏神に参り、氏子となることができたといわれます。この時を迎えて、ようやく親も子どもの成長に安堵したことと思います。

 

子どもの成長を祝う儀式は、古くは宮中や公家、また武家で行われてきました。それまで髪をそっていた幼児が髪を伸ばしはじめる儀式「髪置(かみおき)の儀」や、髪を切り揃える「深曽木(ふかそぎ)の儀」、袴をはじめてつける「着袴(ちゃっこ)の儀」、子ども用の紐のついた着物から、大人と同じにように帯を締めるようになる「帯解」といった儀式です。

 

七五三の日が11月15日とされたのは、江戸幕府第5代将軍徳川綱吉の長男、徳川徳松の成長を願って儀式を執り行ったのがこの日だったからといわれます。その儀式に11月15日が選ばれたのは、何をするにも最良の日とされる「鬼宿日」にあたっていたからだそうです。

 

「七五三」という年齢でお祝いするようになったのは、その数字が持つ意味にあるようです。昔中国では、奇数は縁起のよい「陽」の数字といわれていました。そこから7・5・3という年齢をお祝いするという習慣に繋がったのでしょう。3歳と7歳は女児、5歳は男児を祝うともいわれますが、今は男女関係なく、また日付も11月15日にこだわらずに、お参りをする人が多いようです。

公開日:平成29年11月6日

注連飾りとは、新年に歳神様をお迎えするにあたり、邪気や魔が 入って来ないようにするいわば結界のようなものです。 注連飾りを丁重に神前にて祓い清め、祈祷を施します。数に限りがございますが、特設サイトにて11月1日より受付を開始。先着順にお分けいたします。

正月用注連飾りについて