GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

十干十二支をひと巡りする「還暦」

平成29年の暦を見ると、1月1日から順に「つちのえ ね」「つちのと うし」「かのえ とら」「かのと う」など、干支が書かれています。これは「十干」と「十二支」を組み合わせたもの。何を意味しているのでしょうか?

 

まずは「十干(じっかん)」。これは昔の中国で生まれたもので、甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)の10の言葉があります。甲や乙という言葉は、契約書などで目にしたことがあるかもしれません。昔は成績表に使われていたこともある言葉で、10まで数えるための数字のような言葉です。

 

この十干には「兄弟(えと)」があります。「兄弟」とは「陰陽五行説」の「陰陽」の考え方によるもの。つまり、「陰と陽」、「太陽と月」、「昼と夜」、「夏と冬」というように、この世のすべてのものは、陰と陽という二つの気によって成り立っていること。十干も、兄=陽、弟=陰とし、さらに五行の「木火土金水」を配すると次のような言葉になります。

 

甲(こう) きのえ(木の兄)

乙(おつ) きのと(木の弟)

丙(へい) ひのえ(火の兄)

丁(てい) ひのと(火の弟)

戊(ぼ) つちのえ(土の兄)

己(き) つちのと(土の弟)

庚(こう) かのえ(金の兄)

辛(しん) かのと(金の弟)

壬(じん) みずのえ(水の兄)

癸(き) みずのと(水の弟)

 

この十干と組み合わせて使われるのが「十二支」です。こちらも中国で生まれたもので、約12年で公転している木星の動きを元に、1年ごとのその位置を示したもので、12まで数えるための数字のような言葉。誰でも覚えやすいように、動物の名前を当てはめたといわれています。この十二支にも「陰陽」そして「木火土金水」が配されました。

 

子(ね) 陽 水

丑(うし) 陰 土

寅(とら) 陽 木

卯(う) 陰 木

辰(たつ) 陽 土

巳(み) 陰 火

午(うま) 陽 火

未(ひつじ) 陰 土

申(さる) 陽 金

酉(とり) 陰 金

戌(いぬ) 陽 土

亥(い) 陰 水

 

この十干と十二支を順番に組み合わせでできるのが、「甲 子(きのえ ね)」から始まる六十干支です。十干の陽と十二支の陽、十干の陰と十二支の陰の組み合わせで、陽と陰の組み合わせはありません。冒頭で紹介した、日に使われている「つちのえ ね」、「つちのと うし」という干支も、この組み合わせなのです。

 

また日に使われるほかに、年にも使われます。六十の組み合わせがひと巡りすれば、また最初に戻ります。60歳を祝う還暦も、生まれたときの干支に「還る」ことを意味しているのです。

 

公開日:平成29年9月4日

「魔除け」「厄除け」の神社・晴明神社では、ご家族同様、ペットも毎日健康で過ごせるようにとの願いを持った皆さまの気持ちにお応えするべく、「ペットの健康祈願」を、通信制にて受け付けています。

ペットのご祈願について