GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

祭事・イベント

シェア♡玉手匣(イベント報告)

11月5日(日)西陣織会館にて漫画家 岡野玲子さんのプライベートトーク「シェア♡玉手匣」トークvol.1〜時空を翔んで〜が開催されました。 イベントは、2010年より白泉社発行 隔月刊『メロディ』誌に連載された 『陰陽師 […]

続きを読む

シェア♡玉手匣

岡野玲子プライベートトーク「シェア♡玉手匣」トークvol.1〜時空を翔んで〜 2010年より白泉社発行 隔月刊『メロディ』誌に連載された 岡野玲子 著『陰陽師 玉手匣』は、2017年7月28日に完結の第7巻が発売されまし […]

続きを読む

御火焚祭

御火焚祭は京都では古くから続けられている冬の神事です。奉納された護摩木を、厄除けなどのご祈祷ののち、焚き上げます。 晴明神社では、11月23日(木・祝)11:00より五行説に基づく重要な祭りとして「御火焚祭」が執り行われ […]

続きを読む

平成29年 晴明祭のご報告

秋分の日とその前夜の2日間にわたって執り行われる晴明祭。22日の境内では傘をさす姿も見られましたが、滞ることなく宵宮祭が斎行されました。19時より「湯立神楽」が奉納され、無病息災を祈願しました。 23日の天気は曇りのち晴 […]

続きを読む

特別展「陰陽師 安倍晴明」

特別展「陰陽師 安倍晴明」が9月23日(土・祝)より安城市歴史博物館にて開催されます。 この展覧会では、晴明公の実像に迫るとともに、晴明公以後の安倍家・土御門家の変遷を追い、陰陽道の変化などが紹介されます。 安城にゆかり […]

続きを読む

晴明祭

平安時代中期の天文学者である安倍晴明公をお祀りした神社、晴明神社では、2017年9月22日(金)23日(土・秋分の日)に最も重要なる祭儀 「晴明祭」が行われます。地元のお祭ではありますが、毎年、全国からたくさんの方が見に […]

続きを読む
1 2 3
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 「厄年」は自分自身を見つめ直す好機

    社寺を参詣すると、「厄年」「厄払い」の文字が目に入ります。平安時代に成立した長編物語『うつほ物語』の中では「左の大殿の厄年におはするとて…」と書かれているほか、『源氏物語』では藤壺の宮が37歳の厄年で亡くなったことが書か […]

  • 厄年・厄除け

    平安時代の貴族の間では、毎年行われていたという厄祓い。現在では人生の節目(何かとつまづきやすい年頃である厄年)に無病息災を願うものとされています。 厄年とされる年齢は地域や宗派などによって異なりますが、晴明神社では、厄年 […]

  • 国宝の「暦」に記された、晩年の安倍晴明公

    寛弘2(1005)年、85歳で亡くなった安倍晴明公。平均寿命が30歳ぐらいだったという平安時代にあって、驚くべき長寿です。当時では考えられない寿命の長さに、周囲の人々からは畏敬の念を抱かれていたかもしれませんね。 &nb […]