GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

魔除け・厄除け

「厄祓い」がルーツの雛祭。「桃」にも深い関わりが

雛祭りが行われる3月3日は、五節句のひとつ「上巳(じょうし)」です。「上旬」の「巳の日」という意味で、魏の時代から3月3日を「上巳」としていたそうです。古代中国では、この日、川に入って身を清める風習がありました。 &nb […]

続きを読む

一年の節目となる「節分」

節分と聞くと、「豆まき」を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は節分には“季節を分ける”という意味があり、二十四節気の立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日が「節分」なのです。そのなかでも立春は春のはじまりであり、また旧暦 […]

続きを読む

「厄年」は自分自身を見つめ直す好機

社寺を参詣すると、「厄年」「厄払い」の文字が目に入ります。平安時代に成立した長編物語『うつほ物語』の中では「左の大殿の厄年におはするとて…」と書かれているほか、『源氏物語』では藤壺の宮が37歳の厄年で亡くなったことが書か […]

続きを読む

節分星祭

陰陽道において節分とは「陰」から「陽」へ「気」が変わる一年の大きな節目。晴明神社では、毎年節分の日に、一年を通じて身についた穢れを祓う大切な祭事が行われます。 2月3日(土)20時からの「節分星祭」では、神職が弓を構え、 […]

続きを読む

小正月の1月15日には小豆粥で邪気祓い

1月15日は小正月です。元旦から7日までを「大正月」というのに対して、15日は小正月と呼ばれています。月の満ち欠けを基準とした旧暦では、月が見えない朔日が月のはじまり。特に一年の最初の朔日が正月(大正月)で、次の満月の日 […]

続きを読む

縁起のよい数字を節目にお祝いする「七五三」

子どもの健やかな成長を願う七五三。11月15日を中心に、神社などをお参りしてそれぞれの年齢の子どもを祝う行事ですが、今のような「七五三」の行事が行われるようになったのは、江戸時代末から明治時代にかけてのことだといわれます […]

続きを読む
1 2 3
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 大暑(たいしょ)

    「老陽次第に極まって大暑となる」 7月23日は二十四節気のひとつ、大暑(たいしょ)です。   次の二十四節気は秋のはじまりとなる「立秋」ですから、大暑は夏の最後の二十四節気。梅雨が明け、暑さが本格的になるのはこ […]

  • 季節にまつわる五行

    夏にうなぎを食べる日…といえば「土用の丑」ですが、この土用という言葉は陰陽五行説から生まれたものです。   五行では、この世に存在するあらゆるものを「木・火・土・金・水」にあてはめます。方角は東西南北の4つです […]

  • 星に願いを

    京都・晴明神社と企画会社などで構成される「星に願いを実行委員会」が七夕の願い事をTwitterユーザーから投稿を集め掲載するサイト「星に願いを」を公開されました。 特設サイトでは、ツイート(投稿)された願い事が、宇宙空間 […]