GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

安倍晴明公

11月文楽公演

大阪 国立文楽劇場にて11月3日(土・祝)より11月文楽公演が開催されます。11月25日(日)までの第1部の演目は「蘆屋道満大内鏡」「桂川連理柵」です。 「蘆屋道満大内鏡」からは、葛の葉子別れの段、信田森二人奴の段が上演 […]

続きを読む

晴明公の面影を探して 一条戻橋から平安京跡へ

晴明神社から堀川通を南へ100メートルほどのところに、小さな橋が架かっています。ここが一条戻橋(いちじょうもどりばし)。その場所は橋が架けられた平安京造営当時と同じだといわれています。   晴明公は、この一条戻 […]

続きを読む

安倍晴明公 逸話 その6

数多くある安倍晴明公の伝説は、現代でも語り継がれています。今回はそのひとつをご紹介いたします。 【天皇の未来を予知したお話 :『大鏡』巻1 より】 第65代天皇、花山院は冷泉院の第一皇子として天皇の位につかれました。しか […]

続きを読む

安倍晴明公 逸話 その5

数多くある安倍晴明公の伝説は、現代でも語り継がれています。今回はそのひとつをご紹介いたします。 【晴明公を試す貴族たちのお話 :『今昔物語集』巻24 第16より】 平安中期の僧侶、広沢にある寛朝僧正の御坊での話です。 そ […]

続きを読む

海女がおまじないとして身につけた「セーマンドーマン」

晴明公が創られた陰陽道で、魔除けの呪符として用いられたのが「五芒星」。晴明神社の社紋であり、お守りやお札にもあしらわれたお馴染みの文様です。この五芒星によく似た印が三重県の鳥羽や志摩の海女の間でお守りとして使われているこ […]

続きを読む

安倍晴明公 逸話 その4

数多くある安倍晴明公の伝説は、現代でも語り継がれています。今回はそのひとつをご紹介いたします。 【天皇の前世を見抜いたお話 :『古事談』巻6の64より】 第65代天皇、花山院は頭痛に悩まされていました。雨が降った時などは […]

続きを読む
1 2 3
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 「注連縄」は神聖な場所の印

    お正月に飾る「注連飾り」や「注連縄」の「注連(しめ)」という言葉には、どんな意味があるのでしょう? 辞書には「場所を限ったり、ある領域への出入りを禁止するために、木を立てたり縄を張ったりすること。また、その標示。」とあり […]

  • 歳神様が宿る鏡餅

    いよいよ師走です。この時期はお餅つきが恒例行事という人もいるのではないでしょうか。「よいしょ!、よいしょ!」の掛け声に合わせて杵をふりおろす昔ながらの餅つきは、賑やかで楽しいもの。餡やきな粉など、好きな味で食べるつきたて […]

  • 縄を綯い、新年を迎える

    11月も末となりました。何かと慌ただしい時期がやってきます。年末年始に準備するものの一つ、「注連飾り(しめかざり)」がお店に並ぶようになりました。 注連飾りとは、稲藁(いなわら)でつくられたお正月用の飾り。神社にある注連 […]