GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

中秋に月をめでる

かつて照明などない頃、月光はとても重要で神秘的な存在だったと想像できます。その月が特に美しく見える頃、旧暦の8月15日(中秋)には、お月見が各地で行われます。

宮中行事として、歌を詠んだり楽器を奏でて月を愛でる時代もありました。中秋の頃は里芋の収穫期でもあったことから、月に里芋を供えて、収穫の感謝の気持ちを表すようにもなりました。現在では月見団子をお供えすることが多いですが、最近の関西の月見団子が里芋の形をしているのは、このことが由来していると言われています。

中秋の名月を見た1ヶ月後の十三夜にもお月見が行われます。この日の月は中秋の名月に次いで月が美しいそうで、「後(のち)の名月」とも言われています。この日にお月見をするのは日本独自の風習のようですが、この時期には豆や栗が採れることから「栗名月」とも呼ばれています。

 

月には日本独自の呼び名があります。例えば十四夜を待宵月。十五夜、十六夜以降は、立待月(たちまちづき)、居待月(いまちづき)、寝待月(ねまちづき)、更待月(ふけまちづき)と、少しずつ遅くなる月の出を待ちわびる気持ちが表されていますね。

 

1年の中で最も月が美しい。と言われる秋の月は、観月に程よい高さに現れます。さらに空気が澄んでいることから、くっきりと輝いて見えるのです。今年は9月10日が朔(新月)、9月23日が待宵月、24日が十五夜(中秋)、25日が満月そして、10月21日が後の月見(十三夜)となります。

23日は秋分の日、夜が次第に長くなっていきます。綺麗なお月様がみられますように。

公開日:平成30年9月19日

「魔除け」「厄除け」の神社・晴明神社では、ご家族同様、ペットも毎日健康で過ごせるようにとの願いを持った皆さまの気持ちにお応えするべく、「ペットの健康祈願」を、通信制にて受け付けています。

ペットのご祈願について