GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

暑さ寒さも彼岸まで

9月23日は秋分の日。今年は秋分の日が日曜日のため、22日(土)〜24日(月・祝)まで三連休の方も多いことと思います。

「春分の日」「秋分の日」は、お彼岸の中日。彼岸は雑節のひとつですが、春分の日は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日。秋分の日は、「祖先を敬い、亡くなった日を偲ぶ」日として国民の祝日に定められています。

 

「彼岸七日」というように、彼岸の期間は7日間あります。そして春と秋にその期間はやってきます。冬の寒さがおさまる「春分」と夏の暑さが和らぎ、涼しくなる頃の「秋分」を中心とした前後3日ずつの期間です。その初日を「彼岸入り」、真ん中の日を「中日」、そして最終日「彼岸明け」といいます。お彼岸というとお墓まいりをする日ですが、「彼岸」とは、仏教の言葉で、煩悩を脱した悟りの境地のことを指しているそうです。この期間には、宗派を問わず各寺院で彼岸会の法要が行われます。これは日本独特の文化で、その始まりは平安時代中頃と言われています。

 

お彼岸の時期にお供えするお菓子と言えば、「ぼたもち」「おはぎ」です。もち米を餡子で包んだお菓子ですが、季節の花にちなみ、春は牡丹餅(ぼたもち)」秋は「御萩(おはぎ)」と呼ぶようになったと言われています。古来より小豆の赤色には厄除けの力があるとされています。感謝の気持ちを伝えるためにご先祖様へお供えしますが、お下がりとしていただく際には、美味しく厄払いができるのが嬉しいですね。

 

 

 

公開日:平成30年9月14日

「魔除け」「厄除け」の神社・晴明神社では、ご家族同様、ペットも毎日健康で過ごせるようにとの願いを持った皆さまの気持ちにお応えするべく、「ペットの健康祈願」を、通信制にて受け付けています。

ペットのご祈願について