GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

北風木の葉を払う

今年は11月22日に、二十四節気の小雪(しょうせつ)を迎えます。七十二候では中候が、朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)。冷たい北風が木々の葉を落とし、雪が降りはじめる頃。寒さを感じる光景が目に浮かびます。

今シーズンの初雪は記録的な遅さとなり、北海道旭川で11月14日に観測されました。14日より京都でも急な冷え込みを感じるようになりました。気温が下がり、日が短くなると木々の葉は色づき始め、京都の平野部でもいよいよ紅葉の見頃を迎えます。今年は12月初旬頃まででしょうか。各地で夜間にライトアップも行われ、昼間とは異なる幻想的な雰囲気が楽しめます。

 

美しい葉も次第に枝から落ちていきます。北風が吹くたびに、色づいた木の葉は舞い飛び、大地に降り積もります。乾燥した落ち葉を踏んでみると、サクッサクッ。と音がします。歩き方によって音にも変化があり、ザクザク、ザッザッ、クシャッなど、靴の音とは違う優しい音が聞こえます。

寒いとついつい出不精になりがちですが、晴れた日には、落ち葉の音を聴きならがらの散歩はいかがでしょうか。木の葉の舞う姿もまた味わい深いものです。冬の柔らかい日差しを受けながら、息を大きく吸い込み、ぐーっと伸びをすると気持ちが良いですよ。

公開日:平成30年11月15日

「魔除け」「厄除け」の神社・晴明神社では、ご家族同様、ペットも毎日健康で過ごせるようにとの願いを持った皆さまの気持ちにお応えするべく、「ペットの健康祈願」を、通信制にて受け付けています。

ペットのご祈願について
WHAT’S NEW