GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

大雪(たいせつ)

「寒気愈々募りて雪いよいよ降る」


二十四節気のひとつ、大雪。2018年は12月7日です。小雪から大雪へ、暦のうえでは雪が降り積もる頃。空は厚い雲に覆われ、生き物たちは冬越しのためでしょうか、じっと身をひそめる季節となりました。

旧暦12月8日、2月8日に行われる行事に「事八日(ことようか)」というものがあります。八日節供、事始め、事納めなど地域によって呼び方も様々なこの行事では、無病息災を願って「お事汁(おことじる)」が食べられてきたそうです。「六質汁(むしつじる)」とも言われるこのお汁は、里芋、大根、人参、牛蒡、小豆、こんにゃくと具沢山で栄養が豊富なお味噌汁です。

京都の寺院では12月に入ると大根焚き(だいこだき)が行われ参拝者に振る舞われます。その由来は各寺院で様々ですが、大きな鍋で油揚げとともに醤油で煮込まれた大根焚きを食べると諸病除け、中風除けになると言われています。

大根と言えば、おでんも嬉しい季節となりました。いずれも寒い日に美味しく、ホッコリできる和みの一品です。

冬は本来、次の春にイキイキと活動できるようにエネルギーを蓄える季節です。しかし現代では慌ただしい日々が続き、ゆっくりと休むことが難しいですね。胃腸も休ませづらい季節ではありますが、疲れた時、寒い時ほど無理はせずに体を労わり、元気に春を迎えましょう

公開日:平成30年12月3日

「魔除け」「厄除け」の神社・晴明神社では、ご家族同様、ペットも毎日健康で過ごせるようにとの願いを持った皆さまの気持ちにお応えするべく、「ペットの健康祈願」を、通信制にて受け付けています。

ペットのご祈願について
WHAT’S NEW