GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

「注連縄」は神聖な場所の印

お正月に飾る「注連飾り」や「注連縄」の「注連(しめ)」という言葉には、どんな意味があるのでしょう? 辞書には「場所を限ったり、ある領域への出入りを禁止するために、木を立てたり縄を張ったりすること。また、その標示。」とあります(『大辞林第三版』)。

 

注連縄が張られている場所といえば神社です。社殿や鳥居の前に、また手水舎や御神木を囲むように注連縄が張られていますが、これらは「神様がいらっしゃる神聖な場所」という目印であり、不浄なものが入り込まないようにする役割があるのです。

 

「注連」という漢字は、中国の古い習慣の注連(ちゅうれん)を当てたと考えられています。葬儀の際に、亡くなった人が再びに家に入ることの無いように、清めの水を注いだ縄を家の入口に張ったそうです。一本の縄で結界を示した「注連」を、日本で「しめ」と読ませるようになったのでしょう。

 

「七五三縄」と書かれることもありますが、こちらは注連縄の左側から藁を3本、5本、7本と垂らした形に由来しています。

 

注連縄にはいろいろな形や大きさがあり、島根県の出雲大社神楽殿に奉納されている注連縄は重さ4.5トンという大きさでも知られています。伊勢の二見浦など各地の「夫婦岩」には、2つの岩を結ぶように注連縄が張られているものがあります。これは、岩そのものがご神体であり、夫婦円満や子育ての信仰の対象となっていることを表します。

 

このようにとても神聖な注連縄ですが、お正月の注連飾りも同様で、歳神様をお迎えする新年に家に邪気や魔が入らないようにする結界の役割があります。玄関に飾れば、清々しく新しい年を迎えられるでしょう。

 

【残りわずか 数量限定】 安倍晴明公を祀る神社で祈祷された「正月用注連飾り」

公開日:平成30年12月7日

「魔除け」「厄除け」の神社・晴明神社では、ご家族同様、ペットも毎日健康で過ごせるようにとの願いを持った皆さまの気持ちにお応えするべく、「ペットの健康祈願」を、通信制にて受け付けています。

ペットのご祈願について
WHAT’S NEW