GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

白露(はくろ)

9月7日は白露。夏の名残を感じる二十四節気「処暑」から一転、どこかひんやりとした気配が感じられる言葉です。

続きを読む

おめでたい数字が重なった重陽

9月9日は五節句の一つ、重陽の節句です。昔中国では、奇数は縁起のよい「陽」の数字といわれました。

続きを読む

処暑(しょしょ)

「老陽日に衰へて秋陰の気次第に増し暑気すでに処とす依って欺く云ふ」   夏の暑さもここまで、といわれるのが処暑です。平成29年は8月23日。この頃には、朝夕の風も少しは涼しく……といいたいところですが、最高気温 […]

続きを読む

二十四節気の「節」と「中」って何?

太陰太陽暦で、季節の目印として使われているのが二十四節気。一年の間で季節が移り変わっていくことを24の言葉で表しています。

続きを読む

立秋(りっしゅう)

「秋の気立つなり立秋と云ふ」 秋がはじまるのが立秋です。暑中見舞いも、今日からは「残暑見舞い」になります。高校野球の夏の甲子園が始まるのもこの頃。今年はちょうど立秋の8月7日が開会式です。(台風の影響で、8日に順延されま […]

続きを読む

七夕、まだ間に合います!夜空の星に願いを託して…

7月7月の七夕。梅雨の最中というとことも多く、雨雲が広がっていないかな?と、何度も空を見上げてしまいます。でも旧暦では、2017年は8月28日が旧七夕。もう梅雨空の心配はいりませんね。   七夕は桃の節句(3月 […]

続きを読む
1 11 12 13 14
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 大地が潤い、渡り鳥が飛び立つ季節

    雨水の初候は「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」です。2019年は2月19日~23日。春の雨で、それまで凍り付いていた大地が湿気を帯び、潤い始めるのがこの時期。「脉」は脈のことで、脈を打ち始めた大地を思い起こさせる […]

  • 地域によって異なる春の風景

    立春の末候「魚上氷(うおこおりをいずる)」。2019年は2月14日~18日で、割れた氷の間から魚が飛び出るころという意味です。春の訪れを感じた魚たちが、氷の割れ目からぴょんぴょんと跳ねる様子が目に浮かびますね。 &nbs […]

  • 春を教えてくれる、鶯のさえずり

    立春の次候は「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」で、2019年は2月9日〜13日。鶯には「春告鳥」という別名もあり、「ホーホケキョ」というさえずりが聞こえ始めるのがこの時期なのです。   そんな鴬の鳴き声は、気象庁によ […]