GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

白露(はくろ)

9月7日は白露。夏の名残を感じる二十四節気「処暑」から一転、どこかひんやりとした気配が感じられる言葉です。

続きを読む

おめでたい数字が重なった重陽

9月9日は五節句の一つ、重陽の節句です。昔中国では、奇数は縁起のよい「陽」の数字といわれました。

続きを読む

処暑(しょしょ)

「老陽日に衰へて秋陰の気次第に増し暑気すでに処とす依って欺く云ふ」   夏の暑さもここまで、といわれるのが処暑です。平成29年は8月23日。この頃には、朝夕の風も少しは涼しく……といいたいところですが、最高気温 […]

続きを読む

二十四節気の「節」と「中」って何?

太陰太陽暦で、季節の目印として使われているのが二十四節気。一年の間で季節が移り変わっていくことを24の言葉で表しています。

続きを読む

立秋(りっしゅう)

「秋の気立つなり立秋と云ふ」 秋がはじまるのが立秋です。暑中見舞いも、今日からは「残暑見舞い」になります。高校野球の夏の甲子園が始まるのもこの頃。今年はちょうど立秋の8月7日が開会式です。(台風の影響で、8日に順延されま […]

続きを読む

七夕、まだ間に合います!夜空の星に願いを託して…

7月7月の七夕。梅雨の最中というとことも多く、雨雲が広がっていないかな?と、何度も空を見上げてしまいます。でも旧暦では、2017年は8月28日が旧七夕。もう梅雨空の心配はいりませんね。   七夕は桃の節句(3月 […]

続きを読む
1 9 10 11 12
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 「注連縄」は神聖な場所の印

    お正月に飾る「注連飾り」や「注連縄」の「注連(しめ)」という言葉には、どんな意味があるのでしょう? 辞書には「場所を限ったり、ある領域への出入りを禁止するために、木を立てたり縄を張ったりすること。また、その標示。」とあり […]

  • 歳神様が宿る鏡餅

    いよいよ師走です。この時期はお餅つきが恒例行事という人もいるのではないでしょうか。「よいしょ!、よいしょ!」の掛け声に合わせて杵をふりおろす昔ながらの餅つきは、賑やかで楽しいもの。餡やきな粉など、好きな味で食べるつきたて […]

  • 縄を綯い、新年を迎える

    11月も末となりました。何かと慌ただしい時期がやってきます。年末年始に準備するものの一つ、「注連飾り(しめかざり)」がお店に並ぶようになりました。 注連飾りとは、稲藁(いなわら)でつくられたお正月用の飾り。神社にある注連 […]