GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

啓蟄(けいちつ)

「艶陽の気に誘はれて 諸虫地上に出ずるなり」 二十四節気の中でも、ちょっと心がワクワクしてくるのがこの言葉ではないでしょうか。2018年3月6日は啓蟄です。   啓は「ひらく」、蟄は「虫などが土の中に隠れている […]

続きを読む

「厄祓い」がルーツの雛祭。「桃」にも深い関わりが

雛祭りが行われる3月3日は、五節句のひとつ「上巳(じょうし)」です。「上旬」の「巳の日」という意味で、魏の時代から3月3日を「上巳」としていたそうです。古代中国では、この日、川に入って身を清める風習がありました。 &nb […]

続きを読む

雨水(うすい)

「陽気地上に昇り雪氷溶けて雨水となる…」 厳しい寒さが続いたこの冬は、例年以上に春を待ち遠しく感じます。   二十四節気では、2018年2月19日が雨水。立春からおよそ2週間、空から降る雪は雨になり […]

続きを読む

立春(りっしゅん)

「陽気地中に萌し東風氷を解く」 寒が明けて、春の始まりとなるのが立春。2018年は2月4日です。 立春=旧暦1月1日と勘違いしやすいのですが、立春などの二十四節気は太陽の動きを元に決められたもの。また旧暦(太陰太陽暦)は […]

続きを読む

一年の節目となる「節分」

節分と聞くと、「豆まき」を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は節分には“季節を分ける”という意味があり、二十四節気の立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日が「節分」なのです。そのなかでも立春は春のはじまりであり、また旧暦 […]

続きを読む

大寒(だいかん)

「地上の陰気地中の陽気に追われて寒気甚だし故大寒という」 冬の季節の最後の節気が「大寒」です。2018年は1月20日。ニュースなどで「暦の上では○○ですが…」といわれることがあるように、二十四節気の中には実際の季節感とか […]

続きを読む
1 9 10 11 12 13 15
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 春の訪れを告げ、稲に実りをもたらす雷

    七十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」は春分の末候。2019年は3月31日〜4月4日です。   啓蟄のころから鳴り始める春の雷は「虫出しの雷」ともいわれ、冬眠中の生き物たちにとっては自然の目覚まし […]

  • 日本の春の代名詞・桜

    七十二候「桜始開(さくらはじめてひらく)」。2019年は3月26日~30日で、桜の花が咲き始めるころという意味です。日本の春に欠かせない桜。みなさんのところでは、もう咲いていますか?   サクラの語源は諸説ある […]

  • 人間の身近なところに生息してきた雀

    七十二候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」は春分の初候。2019年は3月21~25日にあたり、雀が巣作りを始める時期を意味します。   鳥類の中でも、雀はとても親しみやすい鳥だと感じる人も多いでしょう。その巣は […]