GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

祭事・イベント

特別展「陰陽師 安倍晴明」

特別展「陰陽師 安倍晴明」が9月23日(土・祝)より安城市歴史博物館にて開催されます。 この展覧会では、晴明公の実像に迫るとともに、晴明公以後の安倍家・土御門家の変遷を追い、陰陽道の変化などが紹介されます。 安城にゆかり […]

続きを読む

晴明祭

平安時代中期の天文学者である安倍晴明公をお祀りした神社、晴明神社では、2017年9月22日(金)23日(土・秋分の日)に最も重要なる祭儀 「晴明祭」が行われます。地元のお祭ではありますが、毎年、全国からたくさんの方が見に […]

続きを読む

七夕、まだ間に合います!夜空の星に願いを託して…

7月7月の七夕。梅雨の最中というとことも多く、雨雲が広がっていないかな?と、何度も空を見上げてしまいます。でも旧暦では、2017年は8月28日が旧七夕。もう梅雨空の心配はいりませんね。   七夕は桃の節句(3月 […]

続きを読む

京の七夕

8月2日(水)より「京の七夕」が始まりました。 *開催期間は会場により異なります。 旧暦の七夕にあたる8月に京都市内の各会場で七夕飾りやライトアップが実施されます。 晴明神社では、堀川会場の期間中である8/5(土)~8/ […]

続きを読む
1 2 3 4
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 「注連縄」は神聖な場所の印

    お正月に飾る「注連飾り」や「注連縄」の「注連(しめ)」という言葉には、どんな意味があるのでしょう? 辞書には「場所を限ったり、ある領域への出入りを禁止するために、木を立てたり縄を張ったりすること。また、その標示。」とあり […]

  • 歳神様が宿る鏡餅

    いよいよ師走です。この時期はお餅つきが恒例行事という人もいるのではないでしょうか。「よいしょ!、よいしょ!」の掛け声に合わせて杵をふりおろす昔ながらの餅つきは、賑やかで楽しいもの。餡やきな粉など、好きな味で食べるつきたて […]

  • 縄を綯い、新年を迎える

    11月も末となりました。何かと慌ただしい時期がやってきます。年末年始に準備するものの一つ、「注連飾り(しめかざり)」がお店に並ぶようになりました。 注連飾りとは、稲藁(いなわら)でつくられたお正月用の飾り。神社にある注連 […]