GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

冬至(とうじ)

「昼間最も短き日にして暦元と云って造暦の根拠となす」 一年でもっとも昼の時間が短いのが冬至で、2017年は12月22日です。昼の時間が短くなる理由は、日の出から日の入りまで、太陽が通り過ぎる時の高さが一年でもっとも低くな […]

続きを読む

厄年・厄除け

平安時代の貴族の間では、毎年行われていたという厄祓い。現在では人生の節目(何かとつまづきやすい年頃である厄年)に無病息災を願うものとされています。 厄年とされる年齢は地域や宗派などによって異なりますが、晴明神社では、厄年 […]

続きを読む

年末年始のご案内

2017年もいよいよ残すところあとわずかとなりました。晴明神社の年末年始のご案内をいたします。 【大晦日〜元日の参拝時間】 ・平成29年12月31日:午後6時閉門 ・平成30年1月1日:午前0時開門 ※ 大晦日夕方に一旦 […]

続きを読む

大雪(たいせつ)

「寒気愈々募りて雪いよいよ降る」 二十四節気のひとつ、大雪。2017年は12月7日です。山並みが雪に覆われて、冬の寒さもいよいよ本番。京都では、師走の風物詩の「吉例顔見世興行」がロームシアター京都で始まっています。関西で […]

続きを読む

落語会

宇宙好きで落語好きの同好会「宇宙落語制作委員会」による落語会が12月2日(土)に開催されます。 今回のテーマは「宇宙移住」。出演は落語家の桂福丸さんと太神楽曲芸の豊来家板里さん。京都大学 准教授の磯部洋明氏による宇宙講演 […]

続きを読む

小雪(しょうせつ)

「寒気瀬りに結んで雪となる 依って名付く」 二十四節気の小雪、2017年は11月22日です。各地から雪の便りが届く頃ですが、本格的な雪のシーズンはまだ先。師走も間近となり、なんとなく慌ただしく、そしてウキウキした気持ちに […]

続きを読む
1 15 16 17 18 19 22
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 春の訪れを告げ、稲に実りをもたらす雷

    七十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」は春分の末候。2019年は3月31日〜4月4日です。   啓蟄のころから鳴り始める春の雷は「虫出しの雷」ともいわれ、冬眠中の生き物たちにとっては自然の目覚まし […]

  • 日本の春の代名詞・桜

    七十二候「桜始開(さくらはじめてひらく)」。2019年は3月26日~30日で、桜の花が咲き始めるころという意味です。日本の春に欠かせない桜。みなさんのところでは、もう咲いていますか?   サクラの語源は諸説ある […]

  • 人間の身近なところに生息してきた雀

    七十二候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」は春分の初候。2019年は3月21~25日にあたり、雀が巣作りを始める時期を意味します。   鳥類の中でも、雀はとても親しみやすい鳥だと感じる人も多いでしょう。その巣は […]