GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

中秋の名月

旧暦8月15日、今年は10月4日が十五夜、中秋の名月です。   中国で行われていたお月見が日本に伝わると、平安貴族がその風雅な習慣を楽しむようになり、やがて一般の人々にまで広く伝わりました。また、農業にたずさわ […]

続きを読む

平成29年 晴明祭のご報告

秋分の日とその前夜の2日間にわたって執り行われる晴明祭。22日の境内では傘をさす姿も見られましたが、滞ることなく宵宮祭が斎行されました。19時より「湯立神楽」が奉納され、無病息災を祈願しました。 23日の天気は曇りのち晴 […]

続きを読む

「朔、弦、望」は月の名前

暦には月の満ち欠けが書かれているものがあります。よく見ると、そのそばに朔日、上弦、望、下弦などと書かれているかもしれません。

続きを読む

特別展「陰陽師 安倍晴明」

特別展「陰陽師 安倍晴明」が9月23日(土・祝)より安城市歴史博物館にて開催されます。 この展覧会では、晴明公の実像に迫るとともに、晴明公以後の安倍家・土御門家の変遷を追い、陰陽道の変化などが紹介されます。 安城にゆかり […]

続きを読む

秋分(しゅうぶん)

「秋分に合わせて二分という昼夜相等分する日なり」 「お休みだし、何をしよう?」と、ちょっとわくわくするのが祝日。この祝日は、「国民の祝日に関する法律」によって日にちなどが定められていることをご存じでしょうか。 秋分の日も […]

続きを読む

十干十二支をひと巡りする「還暦」

平成29年の暦を見ると、1月1日から順に「つちのえ ね」「つちのと うし」「かのえ とら」「かのと う」など…

続きを読む
1 15 16 17 18 19
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 厳しい寒さを楽しむ工夫を

    大寒の次候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」。2019年は1月25日~29日で、沢の水が厚く凍るころという意味です。今年は比較的暖かな冬ですが、それでもこの時期は強い寒気の影響で、最低気温が氷点下という地域も多くありま […]

  • 人形で厄祓い

    神社へお参りした時、人の形をした紙を見かけられたことはないでしょうか。 人形(ひとがた)、形代(かたしろ)と呼ばれるこの紙は、身に付いてしまった穢れを祓うために使われます。この白い小さな紙は、自分の身代わりになってくれる […]

  • 植物の力を借りて、季節に寄り添う暮らしを

    大寒の初候「款冬華 (ふきのはなさく)」。2019年は1月20日~24日で、ふきの花が咲き始める頃という意味です。   「款冬」とは「フキノトウ」のこと。地中に伸びたフキの茎から地表に出てきた花のつぼみです。独 […]