GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

桔梗の花に似た「五芒星」が意味するものは?

毎年6月頃に開花する桔梗。青紫や白の花が凛と咲き誇る姿は実に清々しいものです。晴明神社の境内にも、たくさんの桔梗が植えられています。   晴明神社の神紋といえば「五芒星」ですが、桔梗の花の形が似ていることから「 […]

続きを読む

七夕、まだ間に合います!夜空の星に願いを託して…

7月7月の七夕。梅雨の最中というとことも多く、雨雲が広がっていないかな?と、何度も空を見上げてしまいます。でも旧暦では、2017年は8月28日が旧七夕。もう梅雨空の心配はいりませんね。   七夕は桃の節句(3月 […]

続きを読む

京の七夕

8月2日(水)より「京の七夕」が始まりました。 *開催期間は会場により異なります。 旧暦の七夕にあたる8月に京都市内の各会場で七夕飾りやライトアップが実施されます。 晴明神社では、堀川会場の期間中である8/5(土)~8/ […]

続きを読む

太陽の動きから生まれた太陽暦

1年は365日、そして4年に一度めぐってくるのが閏年……私たちにとって、「それが当たり前」と思える1年の日数。これは何を基準に定められた数字なのでしょう?   太陽の動きを元に作られた暦が太陽暦です。今から20 […]

続きを読む

季節の目印となる二十四節気

月の満ち欠けを元にした太陰暦は、1ヶ月がおよそ29.5日。これで1ヶ月という期間の目途は立ちますが、太陽暦(1太陽年)に比べて1年の日数が約11日短くなることから、長年使っているうちに季節と日にちの間にずれが生じてきます […]

続きを読む
1 17 18 19
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 厳しい寒さを楽しむ工夫を

    大寒の次候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」。2019年は1月25日~29日で、沢の水が厚く凍るころという意味です。今年は比較的暖かな冬ですが、それでもこの時期は強い寒気の影響で、最低気温が氷点下という地域も多くありま […]

  • 人形で厄祓い

    神社へお参りした時、人の形をした紙を見かけられたことはないでしょうか。 人形(ひとがた)、形代(かたしろ)と呼ばれるこの紙は、身に付いてしまった穢れを祓うために使われます。この白い小さな紙は、自分の身代わりになってくれる […]

  • 植物の力を借りて、季節に寄り添う暮らしを

    大寒の初候「款冬華 (ふきのはなさく)」。2019年は1月20日~24日で、ふきの花が咲き始める頃という意味です。   「款冬」とは「フキノトウ」のこと。地中に伸びたフキの茎から地表に出てきた花のつぼみです。独 […]