GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

京に晩夏を告げる行事

京都では8月16日に五山の送り火が行われます。送り火とは、お盆に迎えた先祖の霊を送り出す行事。夜8時、東山の「大文字」にはじまり、「妙法」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」と順番に点火されます。   東山の大 […]

続きを読む

寒蝉鳴(ひぐらしなく)

8月7日、二十四節気のひとつである「立秋」を迎えました。これから訪れる時期(2018年は8月13日)を七十二候では「寒蝉鳴」と言います。   セミの一種であるヒグラシが鳴きだす頃です。ヒグラシは、明け方や夕方の […]

続きを読む

魔除けの音色

夏の夕暮れ、「チリーン」と風に合わせて風鈴の音が響くと涼しさが増したように感じます。「風鈴の音で涼を感じる」のは、音により風をイメージするためで、日本人特有の感覚のようです。 最近はご近所への音の影響もあり、街中では聞こ […]

続きを読む

京の七夕

京都市が運営している夏のイベント、「京の七夕」。今年も旧暦の七夕にあたる8月に「祈り」や「願い」をテーマに様々な七夕事業を堀川・鴨川・梅小路・岡崎・北野紙屋川の5エリアで開催されます。 堀川エリアの開催にあわせ、晴明神社 […]

続きを読む

八朔には、お世話になった人に挨拶を

毎年8月1日、京都の花街で行われる行事に「八朔」があります。これは舞妓さん、芸妓さんが、日頃からお世話になっているお茶屋さんや踊りのお師匠さんの元などを訪ねて、挨拶をするというもの。五花街のひとつ祇園甲部では、暑い中、黒 […]

続きを読む

季節にまつわる五行(2)

三伏の候、うだるような暑さが続いていますが、お健やかにお過ごしでしょうか。 時候の挨拶にも使われる、この「三伏(さんぷく)」は陰陽五行説に基づく特定の3つの日を指します。1つ目は「初伏(しょふく)」、次に「中伏(ちゅうふ […]

続きを読む
1 2 3 4 5 16
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 都の鬼門除け

    毎年10月22日に開かれる「時代祭」は、葵祭、祇園祭とともに京の三大祭のひとつに数えられる時代絵巻です。   その始まりは明治28年。平安遷都から1100年という記念の年に平安神宮が造営され、桓武天皇の時代から […]

  • 晴明公の面影を探して 一条戻橋から平安京跡へ

    晴明神社から堀川通を南へ100メートルほどのところに、小さな橋が架かっています。ここが一条戻橋(いちじょうもどりばし)。その場所は橋が架けられた平安京造営当時と同じだといわれています。   晴明公は、この一条戻 […]

  • 中秋に月をめでる

    かつて照明などない頃、月光はとても重要で神秘的な存在だったと想像できます。その月が特に美しく見える頃、旧暦の8月15日(中秋)には、お月見が各地で行われます。 宮中行事として、歌を詠んだり楽器を奏でて月を愛でる時代もあり […]