GOGYO
─ 暦をひもとく、暮らしをひらく。 ─

「注連縄」は神聖な場所の印

お正月に飾る「注連飾り」や「注連縄」の「注連(しめ)」という言葉には、どんな意味があるのでしょう? 辞書には「場所を限ったり、ある領域への出入りを禁止するために、木を立てたり縄を張ったりすること。また、その標示。」とあり […]

続きを読む

大雪(たいせつ)

「寒気愈々募りて雪いよいよ降る」 二十四節気のひとつ、大雪。2018年は12月7日です。小雪から大雪へ、暦のうえでは雪が降り積もる頃。空は厚い雲に覆われ、生き物たちは冬越しのためでしょうか、じっと身をひそめる季節となりま […]

続きを読む

歳神様が宿る鏡餅

いよいよ師走です。この時期はお餅つきが恒例行事という人もいるのではないでしょうか。「よいしょ!、よいしょ!」の掛け声に合わせて杵をふりおろす昔ながらの餅つきは、賑やかで楽しいもの。餡やきな粉など、好きな味で食べるつきたて […]

続きを読む

縄を綯い、新年を迎える

11月も末となりました。何かと慌ただしい時期がやってきます。年末年始に準備するものの一つ、「注連飾り(しめかざり)」がお店に並ぶようになりました。 注連飾りとは、稲藁(いなわら)でつくられたお正月用の飾り。神社にある注連 […]

続きを読む

初冬の風物詩「御火焚祭」

京都の風物詩のひとつとしてあげられる「御火焚祭(おひたきさい)」。その由来は諸説あるようですが、宮中祭祀のひとつ「新嘗祭(収穫祭)」が由来とありました。現在でも宮中にて天皇陛下が新穀を捧げ、新嘗祭を執り行われています。 […]

続きを読む

北風木の葉を払う

今年は11月22日に、二十四節気の小雪(しょうせつ)を迎えます。七十二候では中候が、朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)。冷たい北風が木々の葉を落とし、雪が降りはじめる頃。寒さを感じる光景が目に浮かびます。 今シーズンの初 […]

続きを読む
1 3 4 5 6 7 22
GOGYO

「暦をひもとく、暮らしをひらく」をコンセプトにしたウェブマガジン。日本の風習や行事の背景をお伝えすることで、日々の生活をより豊かにするお手伝いをいたします。

GOGYOについて
PICK UP
  • 春の訪れを告げ、稲に実りをもたらす雷

    七十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」は春分の末候。2019年は3月31日〜4月4日です。   啓蟄のころから鳴り始める春の雷は「虫出しの雷」ともいわれ、冬眠中の生き物たちにとっては自然の目覚まし […]

  • 日本の春の代名詞・桜

    七十二候「桜始開(さくらはじめてひらく)」。2019年は3月26日~30日で、桜の花が咲き始めるころという意味です。日本の春に欠かせない桜。みなさんのところでは、もう咲いていますか?   サクラの語源は諸説ある […]

  • 人間の身近なところに生息してきた雀

    七十二候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」は春分の初候。2019年は3月21~25日にあたり、雀が巣作りを始める時期を意味します。   鳥類の中でも、雀はとても親しみやすい鳥だと感じる人も多いでしょう。その巣は […]